2018年7月23日月曜日

GARRET

 
先日の投稿の続き
 
今年は例年より早く梅雨明けしたものの、
まさかの凄まじい熱波に襲われる毎日
 
我が家の移動手段と言えばすべて空冷かつ冷房なしなので
乗るほうも乗られるほうも地獄
 
なんとか気温の落ち着く夜を見つけてはドライブを楽しんでおりますが
やっぱり厳しいですね
 
ごめんよパンプキン
 
 
そんなごめんよパンプキンシリーズから待望のS/S TEE入荷です
 
今期のS/S TEEはスーパーヘビィオンスな肉厚ボディが主流ですが
さすがに暑すぎるので半分ほどのライトオンスなユーロボディを使用
USボディとは一風違ったサラサラ感が癖になります

 


 


 


 

 
半袖TEEに合わせて相性がいいハーフパンツも入荷
 
動きやすいスウェットボディの3ポケットハーフパンツ
何より使い勝手がいいヒップポケットが重宝します
 
デザインはpoopiebootieのアイコンキャラクター
プープちゃんのワンポイント刺繍です
 

 

 

 

 
発売から安定してご好評いただき、何度か再入荷しております
【83】TEEシリーズに追加カラー入荷
 
シンプルなナンバリングTEEながらも合わせやすさとインパクトはバッチリです
オーバーサイズにハーフパンツと是非合わせてみてください

 

 
 
 
 
クラシカルなシルエットが特徴のヘンリーネックTEE
あえてフロントはシンプルに
バックプリントは当時の企業物TシャツのようにSIGNデザインの大判プリント
 
ワークパンツとの相性が◎
INしてみるのもいいと思います

 
 
 

 
 

 
USボディのザラ感が楽しめる古着のようなライトオンスTEE
Tシャツ一枚になりがちな今の時期だからこそビビッドなカラーで攻めてみてはいかがでしょうか
派手に見えがちなカラーも意外と着やすかったりしますよ

 
 

 
一枚でもインナーとしても活躍できるタンクトップ入荷
半袖シャツのインナーに困りがちなパターンが多いですが
やはりタンクトップが必需品になります
 
勿論ラフに1枚でもアリです

 
 

 
夏だからこそ大き目のバッグは暑くて持ちたくない
ハーフパンツのポケットが小さかったり、少ない時に活躍できる
ウエストバッグ
 
ウエストと言ってますが、肩掛けがオススメ
携帯、財布、コインケース、+αのちょうどいいサイズ感
バイクに乗られる方などにも相性いいです

 

 
長らく欠品していたリングベルト
新しいカラーも増えて再入荷です
 
パンツを問わない何にでも合う
そして楽
使い始めたら癖になります
 


 
そして大きく変わったことと言えば
キャンドルZUNの通販が再開致しました
 
合計額5000円以上からのご対応になります
 
そしてお取り扱い店舗も募集中です
是非お気軽にご相談くださいませ
 
※(例)左から
 
Bぼっちくん ¥1500-
マリアさん ¥2000-
絶滅くん(お香立て) ¥3000-
 
合計額6500円(税込)
など同色でそろえてもいいと思います

 
突き指くん ¥1500-

 
新作の【パオン】 ¥1500-
 
Mイちゃんいつもありがとう

 
9月からの営業に向けてより一層ドリンクに精を出し始めた我々御一行
やはり個人的に思い入れのあるメロンクリームソーダは気合を入れたい
 
以前からメニューにあったらとりあえず頼んではいますが
やはり何処のお店もそれぞれの良さがあるので中々難しいです
 
ナーバスカフェらしいメロンクリームソーダ
これが課題です

 
友人でもあり隣人でもあるBar SALOMEのお二人
日々カクテルを作り続ける師でもあります
 
この日も深夜までノンアルカクテルの研究
僕は見てるだけ

 
勿論休日もあるのでたまには遠出もします
日々疲れを感じさせるZUNさんのために
僕らのような輩でも入れる貸切温泉があるホテルへ足を伸ばします

 
素晴らしい自然に囲まれての数年ぶりの露天風呂
あふれ出るお湯に気にせず湯船に浸かれるのはやはり温泉ならではですね
 
源泉ってやつはやはりいいもんです
なんか若返った気がします
 
うそです

 
先日の青森帰省から神社仏閣にはまりだしたZUNさん
ということで帰りには世界遺産【平泉】へ
 
たまたまなのかはわかりませんが
本堂で12人ほどのお坊様方のハモリ般若心経を聴けてテンションぶち上がりました

 
行ってみてわかったのですが、本堂の他にも数箇所あるんですね
そして、物販も同じ数、それぞれ特色を出しながら並んでおりました
 
一番気になったのは【め】の神様?
目のお守りが売っていた場所が印象的です

 
【め】という一文字の謎のインパクト
こちらの絵馬も欲しかったのですがさすがに持ち帰ることはできませんでした
無念

 
時間の関係ですべて回れず
 
無念

 
偶々駐車した真後ろから漂うあの世感
バック駐車失敗しなくてよかった
 
改めて見ると
蓮の池と畑のコントラストがウケます

 
今回の旅の一番の思い出
 
これが前衛アートか
 
お達者で
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿